図鑑のずかん

図鑑って面白い!そんな図鑑のバーチャルコレクションです!

人間

世界で一番美しい人体図鑑

グラフィックがキレイな人体図鑑!!

世界で一番美しい人体図鑑

エクスナレッジ
売り上げランキング: 3336

透明フィルムページがポイントの美しいページ作り!

美しいグラフィックを豊富に使って、頭からつま先まで、全身の器官とその仕組みを丁寧に解説した図鑑です。
両面に印刷されたフィルムシートによる解説ページでは、器官の位置や裏側など、複雑な人体の構造が驚くほど簡単に理解できます。

全身、細胞、頭部、組織の修復、皮膚、毛、脳、感情、心臓、心周期、腕、腎臓、胸部、生殖、脚、足、感覚、触覚、眼、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、筋肉、消化、骨格、頭蓋骨、骨、循環系、血管、神経系、神経、内分泌系、リンパ系、防御

商品詳細 → 世界で一番美しい人体図鑑

人気ブログランキングへ

人間・いのちの歴史 小学館の図鑑NEO

子供に読んでもらいたい!!

人間・いのちの歴史 小学館の図鑑NEO
指導・執筆/松村譲兒、唐澤眞弓、池谷裕二、渡辺博、遠藤秀紀、牛木辰男 画/今崎和広、月本佳代美ほか
小学館(2006/2)
価格:¥ 2,100 通常配送無料
商品詳細を見る(Amazon)

あなたは、自分の体や心のことを知っていますか。あなたがえんぴつを持ち上げるとき、骨や筋肉、目、脳や神経が働いていますね。では、あなたがえんぴつの重みを感じるとき、体のどこが感じているのでしょう。えんぴつで作文を書くとき、思い出や感情はどこから出てくるのでしょう。あなたの体や心は、とても精巧で、ふくざつな働きをしています。それは何億年もの長い時間をかけて、すばらしい形につくり上げられたものなのです。この図鑑は、わたしたちの体と心のつくりと働き、成長のしかたについて、あなたといっしょに考える本です。

人間の体と心のつくりと働き、成長のしかたについて、読者といっしょに考える本。最新の情報を、美しいカラー写真と精密な図版、迫力のイラストで詳しく解説。「もの知りコラム」「仕事コラム」など、自由研究のヒントも満載。


内容紹介
体と心のつくりと働き、成長のしかたを説明
『人間/いのちの歴史』は、わたしたち自身について知ることができる図鑑です。体や心はいつもあなたといっしょ、あなた自身です。でも、あなたは体や心のことを、ちゃんと知っているでしょうか。例えば、あなたが眠っているとき、あなたの中で働いているのは何か知っていますか。歩いているときはどうですか。 この図鑑では、(1)体のつくりと働きについて、(2)心や脳のしくみについて、(3)体や心の成長/発達について、また、(4)体や心・脳のしくみが長い時間をかけてつくられてきたプロセスを知ることができます。 体は身近なようで、健康な子どもには意外と身近ではありません。この本では、質問コーナーを設け、どうしてゲップが出るの、爪を切っても痛くないのはなぜなど、子どもが感じる質問から親しみやすい形で体の知識に入れます。親子で話し合うにも絶好の本です。

登録情報
大型本: 184ページ
出版社: 小学館 (2006/2/24)
ISBN-10: 4092172133
ISBN-13: 978-4092172135
発売日: 2006/2/24
商品の寸法: 27.6 x 21.6 x 2.6 cm

商品詳細 → 人間・いのちの歴史 小学館の図鑑・NEO

人気ブログランキングへ
プロフィール

zukan001

QRコード
QRコード
記事検索