図鑑のずかん

図鑑って面白い!そんな図鑑のバーチャルコレクションです!

2011年06月

昆虫の図鑑 採集と標本の作り方

夏休みはやっぱり昆虫採集!!

増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方
福田 晴夫 山下 秋厚 福田 輝彦 江平 憲治 二町 一成 大坪 修一 中峯 浩司 塚田 拓
南方新社
売り上げランキング: 54365

これで昆虫採集もバッチリ!

九州・沖縄の身近な昆虫2542種。旧版より445種増。 大人気の昆虫図鑑が大幅にボリュームアップ。注目種を全種掲載のほか採集と標本の作り方も丁寧に解説。昆虫少年から研究者まで一生使えると大評判。

商品詳細 → 増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方

人気ブログランキングへ

地図でみる図鑑 世界のワイン

地図でみる世界のワイン!!

地図でみる図鑑 世界のワイン (GAIA BOOKS)
ヒュー・ジョンソン ジャンシス・ロビンソン
産調出版
売り上げランキング: 145951

ワインの歴史から世界のワインまで!

1971年に世に出た『The World Atlas of Wine』第1版は、出版の歴史を塗り替た。14カ国語で刊行され、売上総数は現在400万部を超え、ワインの著述にかけては世界で最も権威ある2人組、ヒュー・ジョンソンとジャンシス・ロビンソンが再び、この名著の第6版を制作するためにその才を結集した。
5版が世に出てからおよそ6年が経過したが、その間に、激動期である世界のワインは塗り替えられた。遠い輸出対象国としてしか考えていなかったようなワイン産地も確実に増え続け、ワイン意識の革命は劇的な変化を遂げている。それらが本書ですべて分かる。

ナパ・ヴァレーの個別区域や、スペインのトロ、南アフリカのコンスタンシア、オーストラリアのライムストーン・コーストのような活発な地域の地図が加えられている。

商品詳細 → 地図でみる図鑑 世界のワイン (GAIA BOOKS)

人気ブログランキングへ

イタリアワイン図鑑

一度は味わいたいイタリアワイン!!

イタリアワイン図鑑―イタリアワインのすべてを知る永久保存版
ステーファノ・フランカヴィッラ
ネコ・パブリッシング
売り上げランキング: 110407

確かな品質を保証したイタリアワイン!

品質、価格、そして手に入れやすさで選び抜いた400本に、国際的評価の高い珠玉の30本を加えて、一度は味わうべき430本のイタリアワインを紹介。
生産州ごとに、赤ワイン、白ワイン、デザートワイン、スプマンテの4種に分類。
五感で感じうる特徴、醸造法、料理との相性、価格帯など、イタリアワインのすべてを知る永久保存版! ハンディサイズながら、充実の内容です。
巻末に簡単な「ワイン用語集」、「ワイン名索引」「ワイン生産者索引」を掲載しています。

商品詳細 → イタリアワイン図鑑―イタリアワインのすべてを知る永久保存版

人気ブログランキングへ

ワインを愉しむ基本大図鑑(ワイン・マルシェ)

ワインの基本を学ぶ!!

ワインを愉しむ基本大図鑑(ワイン・マルシェ)

講談社
売り上げランキング: 408505

初心者から学べるワインの図鑑!

好みのワインを見つけ、存分に楽しむ書  赤白計40種のぶどう品種解説及び味のわかるワインカタログ。料理とのマリアージュは7タイプのワインに、和洋中のお惣菜から本格料理までを合わせて検証。 特に1700種のビールを写真入で紹介する項目は、必見に値します。味の差異、歴史、ボトルのデザインなど、たとえ飲まずともバラエティ豊かなその魅力に酔ってしまうことでしょう。

赤17種、白23種の主要ブドウ品種と品種を代表するワインカタログを収録。旧世界(フランス、イタリアなど)の銘醸もの、新世界(アメリカ、チリなど)のベンチャーのもの、注目の国産ものなど話題のワインを紹介し、すべてにテイスティングノート付き。世界の料理との相性(マリアージュ)を見つけるヒント満載。ワインの味を決める3要素、ワイン法、ラベルの読み方などを解説する基礎講座、ソムリエ作法、グッズ紹介、歴史、健康学などを掲載する、ワインの基本図書の決定版。

商品詳細 → ワインを愉しむ基本大図鑑(ワイン・マルシェ)

人気ブログランキングへ

世界のビール図鑑

1700本のビール!!

世界のビール図鑑
世界のビール図鑑
posted with amazlet at 11.06.25
ティム ハンプソン
ネコ・パブリッシング
売り上げランキング: 27473

今年はビールを選びましょう!

本書にはビールにまつわるすべてが記されています。基礎的な知識から世界各地のビールの特徴、有名ブルワリー訪問など、あらゆる側面からこの魅力的な飲み物について解説しています。 特に1700種のビールを写真入で紹介する項目は、必見に値します。味の差異、歴史、ボトルのデザインなど、たとえ飲まずともバラエティ豊かなその魅力に酔ってしまうことでしょう。

商品詳細 → 世界のビール図鑑

人気ブログランキングへ
プロフィール

zukan001

QRコード
QRコード
記事検索